手作り結婚指輪ガイド » 知っておこう♪結婚指輪の基礎知識 » 迷っちゃう!結婚指輪のおもな素材

ここでは、結婚指輪で使われる素材を紹介しています。それぞれの特徴を知って、最も基本となる理想の指輪選びの参考にしましょう。

結婚指輪に使われる代表的な素材

結婚指輪にはいろいろな素材の金属が使われています。

それぞれに特徴や味わいがありメリットやデメリットも。

特に金属アレルギーのある人は、素材選びも慎重にすることが大切です。

 

 

 

 

プラチナ

ある調査では、約8割の人がプラチナの結婚指輪を購入。一般的には純粋なプラチナに他の金属を混ぜて強度を強くしたPt950やPt900が使われています。

メリット デメリット
  • サイズ直しなどやデザインなどの加工がしやすい
  • 変質や変色が少ない
  • 変形しにくい
  • 価格が高い

ゴールド

イエロー・ピンク・ホワイトの3種類があります。プラチナの次に人気の素材で、特にピンクやホワイトが好まれていてプラチナとの重ね遣いも人気。ゴールドは日本人にも合わせやすい色合いです。

メリット デメリット
  • 日本人の肌に馴染みやすい
  • 比較的硬いので強度が強い
  • ピンクはファッション性に優れている
  • ホワイトはプラチナと見た目に同じだが軽い
  • 純度の高いものは変質や変色が少ない
  • プラチナに比べて安価
  • ピンクやホワイトは変色しやすい
  • 純度の低いピンクやホワイトは金属アレルギーのある人は注意が必要

シルバー

最も光り輝く金属ともいえる素材。加工のしやすさからデザインが豊富に選べます。価格もお手頃なのでその分を石などのオプションに使う楽しみも。

メリット デメリット
  • より輝きを放つ
  • デザイン加工がしやすい
  • 他の素材より断然安価
  • 酸化しやすく汗や温泉などで黒ずんでしまう

チタン

メリット デメリット
  • 金属アレルギーが起こりにくい
  • 軽い
  • カラーバリエーションが豊富
  • サイズ直しが不可

パラジウム

メリット デメリット
  • 比較的安価
  • 軽い
  • 強度がある
  • プラチナに似ている
  • 金属アレルギーや敏感肌の人には不向き

ステンレス

メリット

デメリット
  • 様々なカラーが作れる
  • 金属アレルギーでもOK
  • 安価
  • 強く硬い

 

  •  サイズ直しができない
  • 輝きがプラチナと比較してやや落ちる
  • 結婚指輪としてのイメージがないため「安物」という印象を与える
  • 比較的傷がつきやすい

ジルコニウム

メリット デメリット
  • 様々なカラーが作れる
  • 強く硬い
  • 金属アレルギーでもOK
  • 酸化によって薄茶色に変色する場合がある
  • 発色加工が永続しない
  • 金属自体の色が灰色っぽい

これ以外にも、木・赤銅・タングステン・タンタル・イリジウムなど様々な素材があります。

手作りなら、素材も自由に選べちゃう♪

結婚指輪といっても、これだけたくさんの素材があるのでどれにしたらいいのか迷うのも仕方ありません。例えば金属アレルギーのある人は素材の種類も限定されてしまいますが、そうでない人はバリエーションがありすぎて決めるのも大変。

さらにコンビネーションなど複数の素材を使った指輪もあるからますます素材選びに大混乱してしまいそう。

でも、既製品の指輪は既に完成したものから選ぶので意外に選択肢が制限されてしまいます。この素材でこのデザインが欲しい!と思っても、既製品では無理な話。

そんなこだわりたい人におすすめなのが手作りの結婚指輪。手作りなら素材からデザイン、加工や変更まで自由に選ぶことができて、まったくのオリジナルの指輪を作ることができます。少し時間はかかっても、一生ものの指輪ですから妥協せず手作りが最適でしょう。

金属アレルギーでもOKな結婚指輪の素材を紹介

そもそも金属アレルギーとは?

金属アレルギーは、体内に入ってきた異物に対して免疫細胞が過剰に反応して起こる抗原抗体反応です。金属が皮膚に触れた際に皮膚から出る汗によって金属イオンとして溶け出してしまうことで起こります。溶け出した金属イオンは体内に入り、体内のたんぱく質と結合してアレルギーの原因物質、アレルゲンとなってしまうのです。

 

すなわち、汗で溶け出しやすい、イオン化しやすい金属ほどアレルギー反応を起こしやすく、イオン化しにくい金属ほどアレルギー反応を起こしにくいと言えます。

 

金属アレルギーの注意点

金属アレルギーは、生まれつきのアレルギーとは限りません。また、アレルゲンが出来てからアレルギー反応が起こるまでの時間が長く、それまで何の問題もなく使い続けていたアクセサリーでも、急にかゆみや発疹・かぶれ等のアレルギー反応が出ることがあります。

 

指輪を買いに行く前に、一度病院の皮膚科などで検査をしてもらうと安心です。パッチテストと言い、アレルギー反応を起こす可能性のある物質を含んだシールを背中や腕に貼って数日間過ごし、アレルギー反応が出るかどうかを調べます。

アレルギー反応の起こりにくい素材は、イオン化しにくい金属!

上記のことから、アレルギー反応の起こりやすい金属とは、イオン化して溶け出しやすいものであると言えます。逆に言えば、イオン化しにくい、汗や体液中に溶け出しにくい金属であれば、アレルギーを起こしにくい物質であるということが言えます。

イオン化しにくい金属とは?

金属のイオン化傾向、つまりイオン化のしやすさを表すと下記のようになります。

イオン化しやすい イオン化しにくい
  • アルミニウム
  • チタン
  • バナジウム
  • 亜鉛
  • インジウム
  • レニウム
  • ルテニウム
  • ロジウム
  • パラジウム
  • イリジウム
  • プラチナ

通常プラチナやゴールドで金属アレルギーが起こりにくいとされているのはこのイオン化傾向が低く、物質として安定しているからです。

当然、純度が高いものほど起こりにくく、宝飾品として加工されているプラチナや金ではバナジウムや銅が混ぜられているため、純度の低いプラチナや銅=バナジウムや銅が多く含まれている=金属アレルギーがより起こりやすい、という図式になってくるのです。

 

指輪選びでオススメの金属のうち、ゴールドでも純度の低いピンクゴールドやホワイトゴールドには注意、というのはこういう理由なのです。

チタンで金属アレルギーが起きにくい理由

ではなぜ、バナジウムや銅などよりもチタンの方が金属アレルギーが起こりにくいとされているのでしょうか?

 

チタンはイオン化傾向の強い金属ですが、その表面を大気中で研磨することで、瞬時に数ナノメートルという非常に薄い非晶質(アモルファス)の酸化膜(不動態皮膜)に覆われます。この酸化膜が非常に物質的に安定しており、チタンの腐食を防いでくれるため、チタンがイオン化しにくく、よって体内にも入り込みにくいのです。

 

簡単に言えば、チタンが汗で溶け出さないためのラップのようなものができると考えていただけるとわかりやすいかと思います。もちろん、この皮膜効果も100%ではありませんので、アレルギーを100%起こさないわけではありませんが、バナジウムや銅が多く含まれたゴールドやプラチナよりは安全性は高いと言えるでしょう。

 

また、同じような不動態皮膜を作る金属がステンレスやジルコニウムです。ステンレスは合金であり、鉄が主成分でクロムやニッケルを混ぜた合金です。ニッケルは金属アレルギーの代表のような存在ではありますが、ステンレスになった場合、鉄とクロムが大気中の酸素と結びつくことで、先程のチタンと同じような皮膜を作り、イオン化するのを防いでくれるのです。

 

ジルコニウムは合金ではありませんが、やはりチタンと同じように不動態皮膜を作る金属ですから、金属アレルギーを起こしにくい金属であるということができるのです。

 

さらに、チタンやジルコニウムは歯科のインプラント治療など、生体内に埋め込む金属として医療現場で信頼されて使われているほど、アレルギーを起こしにくいのです。

 

イオン化傾向、チタンの不動態皮膜の保護効果に関するエビデンスとしては、指輪、ネックレス等のアクセサリーでの研究論文は少ないですが、代わりに同様のアレルギー発症機序を持っているインプラントや歯列矯正、銀歯や金歯など金属を使った歯科医療で多くの論文がありますので、そちらを参照としています。

安くてカワイイ!手作りの結婚指輪に使用できる宝石リスト

一生に一度しか作らない結婚指輪ですが、費用も気になりますよね。

これから結婚式などにもお金のかかる二人だからこそ、少しでも費用を抑えられたら嬉しいですよね。

そこで、安くても可愛い手作り結婚指輪に使える宝石をご紹介します。

ダイヤモンド

数ある宝石の中でもひときわ輝きが美しく高級感があり、日常生活から冠婚葬祭までどんなシチュエーションにも合うことから、結婚指輪や婚約指輪にあしらわれる最もスタンダードな宝石です。

また、様々なデザインでカットし、オリジナリティを出すことが可能で、結婚指輪を手作りする際にもよく用いられます。

 

カットは「ラウンドブリリアント」がスタンダードですが、モザイクのような模様で輝きが美しく、かわいらしいネーミングから女性に人気の高い「プリンセスカット」など様々です。

価格はダイヤのサイズやカットの方法、デザインによってかなり変動し、ご予算に合わせて選ぶことが可能です。

そして、石言葉が「永遠の絆」、「不屈」、「純潔」というように結婚にぴったりな点も人気があります。

ピンクダイヤ

ダイヤモンドには、スタンダードな無色透明以外にもレッドやオレンジ、ブラックなど様々なカラーがあります。

その中でも結婚指輪にあしらうダイヤとして人気が高いのが、「ピンクダイヤ」です。

 

稀少価値の高いピンクダイヤには薄いピンクから濃いピンクまで様々な色合いがあり、色が濃くなるにつれ値段が高くなります。

結婚指輪を手作りする際には、ダイヤモンドと組み合わせてあしらってもきれいです。

また、ダイヤモンドと同じように、「完全無欠の愛」、「両想い」といった結婚に合った石言葉があることも人気の理由のひとつです。

誕生石

誕生月の宝石を結婚指輪にあしらう方は年々増えています。

その理由のひとつは、ダイヤに比べリーズナブルなことです。

宝石の種類やサイズ、デザインなどによっても多少異なりますが、ダイヤに比べ安く済む場合が多いことから誕生石を選ぶ方もいらっしゃいます。

 

そして、個性を出せることも人気の理由です。

宝石の種類やデザイン、色味、石言葉がそれぞれ異なりますのでお好みの宝石を選んで二人だけの結婚指輪を手作りしましょう。

ここで誕生石の特徴と石言葉をそれぞれご紹介します。

1月 ガーネット

レッドやオレンジ、イエロー、グリーンと様々な色味や輝きの物があり、好みに合わせて選ぶことがでます。

石言葉は、「真実」、「成功」、「友愛」、「勝利」などとお守りとして使われることが多いようです。

2月 アメジスト

カラーはパープルで、他の宝石に比べて比較的リーズナブルなこともあり、人気も高いです。

石言葉は「誠実」、「心の平和」、「高貴」、「恋愛」などがあり、愛の石とも呼ばれています。

3月 アクアマリン

耐性が高く、カラーは薄い水色から青色で、中にはグリーンがかった物や白濁したミルキーアクアマリンと呼ばれる物もあり、とくに、深い青色の「サンタマリア」と呼ばれる種類は稀少価値が高い物もあります。

石言葉は、「聡明」、「勇敢」、「自信」、「沈着」と落ち着いた対人関係などを表した石です。

4月 ダイヤモンド

結婚指輪から婚約指輪まで様々な指輪にあしらわれるダイヤモンド。サイズやカットの種類が豊富にあり、値段の幅も広くあります。

石言葉は、「永遠の絆」、「不屈」、「純潔」などパワーと愛に溢れた言葉が結婚指輪などでも人気を博している理由のひとつでもあります。

5月 エメラルド

世界4大宝石のひとつで、長方形にカットされることが多く、カラーは美しいグリーン。衝撃に弱いので、冠婚葬祭やパーティなどにつけるのがおすすめです。

石言葉は、「幸運」、「幸福」、「夫婦愛」と愛の象徴とされる石で、恋愛などのお守りとしても有名な石です。

6月 ブルームーンストーン

カラーは薄い白色で、カットすることで青みがかった光が映り込む幻想的な石です。

石言葉は「愛や恋の予感」、「知性」で大きな愛情を表現した石とも呼ばれています。また、予知や女性らしさをもたらしてくれるとも言われています。

7月 ルビー

ダイヤモンドの次に硬い宝石で、深く輝きのある赤色から薄いピンクまで色味は様々です。とくに、ミャンマー産の稀少価値が高い「ピジョンブラッド」があります。

石言葉は「情熱」、「仁愛」、「勇気」、「威厳」があり、勝利の石とも言われ、邪悪なものから守ってくれるとも言われています。

8月 ペリドット

カラーはイエローグリーンで、薄暗い場所でも光り輝く、比較的リーズナブルな宝石です。オリーブグリーンの色味が濃い物ほど稀少価値が高いです。

石言葉は「夫婦和合」、「夫婦愛」、「友愛」、「ポジティブ」とネガティブなパワーを明るいポジティブなものに変えてくれるとも言われており、夢を叶える力があるとも言われています。

9月 サファイヤ

ルビーと同じコランダムという鉱石からできている宝石で、ダイヤモンドの次に硬く、カラーは、美しいブルーで、とくにロイヤルブルーに分類される色の物は稀少価値が高い位置にあります。

石言葉は「慈愛」、「愛を築く」、「誠実」、「徳望」があり、乱れた心を鎮めてくれるパワーがあると言われています。また、英知の石とも呼ばれています。

10月 ピンクトルマリン

トルマリンにはレッドやブルーなど様々なカラーがあり、中でもピンクトルマリンは結婚指輪の宝石として人気があります。1つの石で2色以上の色が現れるバイカラーの物もあるので、個性が出やすい石です。

石言葉:は「貞節」、「広い心」、「忍耐」、「思慮深さ」と言われています。恋愛に効果がある石と言われており、愛の障害物となるものを取り除くパワーがあるとも言われています。

11月 ブルートパーズ

レッドやパープル、イエローなど様々なカラーがあり、サイズやカラーにより値段が大幅に異なる石です。

石言葉には、「知性」、「希望」、「友情」などがあり、精神統一してくれる力がある石だとされています。

12月 タンザナイト

ピンクやブルー、グリーンの物があり、見る角度により色味が変わって見えるのが特徴です。

石言葉は「高貴」、「冷静」、「神秘」、「富」とあり、人生を良い方向に導いてくれる石と言われています。

世界にたったひとつだけ…♥
こだわりの手作り結婚指輪が作れるお店はこちら