手作り結婚指輪ガイド » 知っておこう♪結婚指輪の基礎知識 » みんなはどのくらい?結婚指輪の準備期間

ここでは、結婚指輪の準備にはどれくらいの期間が必要なのか、また結婚式までにあまり時間のない人が、間に合うように用意したい場合にはどんな方法がよいのかを紹介します。

結婚指輪の準備っていつ始めればいいの?

結婚指輪は、結婚式に間に合うようにと考えている人がほとんど。ところが中には「迷いすぎて決められない」「急に式を決めたから時間がない」といった人もいます。

通常結婚指輪は、式の6ヶ月くらい前までには用意する人が多いよう。式の3カ月くらい前になると準備で忙しくなり選ぶ時間がなくなったり、メーカーやショップによってはサイズ直しや刻印などが間に合わないということもあるので遅い人でも2か月くらい前までには決めておいた方がいいです。ほとんどのカップルは、1つのお店だけでなく何店舗も回って探すそうですよ。

忘れてはいけないのが、ショップで販売している既成の指輪は在庫があればすぐに購入できますが、刻印を入れたりサイズのお直しが必要な場合にはメーカーに送るなど結構時間がかかること。休日のたびにお店を回りやっと決まってもメーカーでの加工時間もかかるとなると、1~2カ月ではすまないでしょう。

それにもっと早く用意しておくべき理由が他にも。例えば式の前撮りを予定している人。結婚指輪を着けた手をポイントにした写真を撮ることもあるんです。ですから結婚指輪は余裕をもって用意しておいた方がいいでしょう。

時間がないけどこだわりたい…!そんな方は「手作り結婚指輪」がおすすめ♪

「一生に一度の結婚指輪だからじっくりこだわって選びたい!」「でもそうなると時間がかかるかも…」とお悩みの方におすすめしたいのが、手作りの結婚指輪です。

手作りならたいていの場合相談して制作から完成まで、既製品の購入と同じくらいの期間で出来上がります。手作りだからといって、何か月もかかってしまうということはないのでご安心を。

手作り結婚指輪だと、世界にたったひとつだけのオリジナルリングを自分たちの手で作ることができるので、より強く思いを込められるといったメリットもあります。是非一度手作り結婚指輪のお店に相談してみるといいでしょう。

世界にたったひとつだけ…♥
こだわりの手作り結婚指輪が作れるお店はこちら