手作り結婚指輪ガイド » 納得♪手作り結婚指輪のトクする豆知識 » どっちがいいの?「鍛造」と「鋳造」

結婚指輪の制作過程で見られる2つの主な方法の「鍛造」と「鋳造」の内容や、実際どちらがいいのかについて調べてみました。

「鍛造」と「鋳造」ってなに?

結婚指輪の製造過程では、主に「鍛造」と「鋳造」という2つの方法が使われます。なんだか難しい漢字ですが、どんな作り方なのでしょう。

鍛造とは?

鍛造とは、力をかけて金属の密度を高めて形を変えて指輪を作る方法です。鍛造そのものにも2つの方法があり、プレス機などで金属を圧縮して機械で形作る方法と、金属をハンマーなどで叩いたり伸ばしたりを繰り返して薄く伸ばした棒のようになったものを曲げて作る方法があります。これは、昔の刀のように伝統的なたたき上げによる方法といえます。

鍛造のおもな特徴

鋳造とは?

ワックスで原型を作り、それを溶かした鋳型に溶かした金属を流し込んで成形する方法です。作りやすい材料で原型を作りそのままの形が完成するので再現率も高く、同じものを大量に作ることも可能です。

最近のほとんどのジュエリーなどは、鋳造で作られているものが多いそう。手作り結婚指輪の場合は、デザインを決めたらワックス原型を作り、それを基にして作っていきます。石や刻印などのオプションは、後から追加して作業をします。

鋳造のおもな特徴

手作り派におすすめの作り方は「鋳造」!

手作り結婚指輪を作ろうとしているカップルのほとんどは、できるだけコストダウンしてオリジナリティのある2人だけの指輪を作りたいと思っているはず。

この2つの方法にはそれぞれにメリットやデメリットがありますが、カップルの要望から考えると、コストを抑えて、短期間で作れる「鋳造」の方がおすすめです。

それに、鋳造ならデザインを制限なく自由に作ることができるのもうれしいですね♪

「自分たちの手で作り上げた」という充足感を感じられるのが、鋳造ならではのメリットかもしれません。

世界にたったひとつだけ…♥
こだわりの手作り結婚指輪が作れるお店はこちら